スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
妊婦さんは大豆イソフラボンは控えましょう!
最近、『大豆イソフラボン』はやっていますよね。私、”大豆の●スメ”が飲みやすくって結構好きなんですけど・・・

今日の朝日新聞にこんな気になる記事が掲載されていました。ほとんど新聞の内容を引用してお伝えします。


大豆イソフラボンとは・・・大豆に含まれる苦味成分でポリフェノールの一種。女性ホルモンの”エストロゲン”に構造が良く似ていて乳がんや骨粗しょう症の予防にもなります。

このため今とても注目を浴びていますね。
しかし、”エストロゲン”に似ているため過剰に摂取してしまうとホルモンバランスを崩してしまう懸念もあるそうです。

私たち日本人が納豆や豆腐などの伝統的な食材から大豆を摂取する一般的な量なら問題はないそうです。
しかし、*トクホから追加で大豆イソフラボンを摂取した場合、摂取量を1日30グラムまでとしたほうがいいそうです。

ただし、妊娠中の人や子供(15歳未満)は『追加摂取は推奨できない』と発表されました。これは十分な臨床データはないが、動物実験で胎児や新生児への影響を示唆する報告があったそうです。

『大豆イソフラボンを摂取したら危険というのではなく、日常の食生活以外にあえて摂取することは勧めない』ということのようです。

心配な人は担当医に相談しながら利用するといいですね。

*トクホ・・・健康食品のうち安全性と有効性について個別に審査を受けて健康への効果の表示が認められた『特定保健用食品』の略称。



よかったら本館のほうにも遊びに来てね。
「出産なんてこわくない!?」
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/03/12 18:32 】

妊娠中の健康管理 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<満月の夜は出産ラッシュ? | ホーム | 妊娠中はしみが増える!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://ninpu.blog52.fc2.com/tb.php/19-23b82022
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。