スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
母乳育児について考える。
今ホームページの方で、「全国のオススメ産院」を調べています。
産院の情報を提供してくれた人から「赤ちゃんにやさしい病院」と言う称号をもらった産院で出産しました!と言う情報をいただきました。

「赤ちゃんにやさしい病院」と言うのは「母乳育児を成功させるための10か条」を満たす病院のことで、全国に40施設あるそうです。


■□■ 母乳育児を成功させるための10か条を知っていますか? ■□■

母乳育児がスムーズにはじめられることを目的にして、ユニセフとWHOの共同宣言として1989年に発表されたものです。

    
          *** 母乳育児を成功させるための10か条 ***

(1)母乳育児推進の方針を文章にして、すべての関係職員がいつでも確認できるようにしましょう。
(2)この方針を実施するうえで必要な知識と技術をすべての関係職員に指導しましょう。
(3)すべての妊婦さんに母乳で育てる利点とその方法を教えましょう。
(4)お母さんを助けて、分娩後30分以内に赤ちゃんに母乳をあげられるようにしましょう。
(5)母乳の飲ませかたをお母さんに実地に指導しましょう。また、もし赤ちゃんとお母さんが離れる場合にも、お母さんに母乳の分泌維持の方法を教えましょう。
(6) 医学的に必要でないかぎり、新生児には母乳以外の栄養や水分を与えないようにしましょう。
(7)お母さんと赤ちゃんが一緒にいられるように、終日、母子同室を実施しましょう。
(8)赤ちゃんが欲しがるときは、いつでもお母さんが母乳を飲ませてあげられるようにしましょう。
(9)母乳で育てている赤ちゃんにゴムの乳首やおしゃぶりを与えないようにしましょう。
(10) 母乳で育てるお母さんのために支援グループ作りを助け、お母さんが退院する時にそれらのグループを紹介しましょう。


私は一人目はなんと3ヶ月で母乳が止まり、二人目も5ヶ月で止まってしまいました。二回ともこの「赤ちゃんにやさしい病院」ではありませんでしたが、もしこういった母乳育児に対して熱心な産院で出産していたらもうちょっと母乳育児が出来たかもしれません。

実際こういった産院で出産した人の話を聞くと、やはり子供が1才になるまで母乳だけで育てたと言う人がほとんどみたいです。
私にとってはうらやましい限りですね。粉ミルク代って馬鹿にならない金額ですから・・・
金銭的な問題もそうですが、やっぱり人工のミルクよりも自然のミルクがいい気決まっていますよね。

でも入院中はかなり大変みたいです。すぐにおっぱいが出るママも中にはいますが、初めておっぱいをあげる人はなかなかはじめは出ないと思います。ふつうなら(?)がんばってみても出が悪かったら粉ミルクを赤ちゃんに与えるんですが、こういった産院はまず粉ミルクは与えないみたいですね。
だからお母さんも必至です。赤ちゃんが泣くたびにおっぱいを吸わせるみたいですね。

私はがんばって絞っても最初はほんとに少しの量しかでなかったので、かなり粉ミルクに助けてもらいました。
本来ならば母乳オンリーでいくことが一番いいと思いますが、私だったらかなり辛いかな、と思いましたね。

母乳育児に熱心な産院を選ぶ時は、こういったことも理解して「母乳で育てる!」といった強い意志を持っていったほうがいいですね。


「赤ちゃんにやさしい病院」リストも本館に記載してあります。良かったら見に来てね。
スポンサーサイト

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/06/07 08:29 】

産院選び | コメント(0) | トラックバック(0) |
いい産院って?
今、私の本サイトの『出産なんてこわくない!?』に「お勧めの産院」というテーマを作ってみようかなと思っています。

先日もここで書きましたが、私の受講している
『伊藤哲哉先生のアフィリエイト講座』
の受講生の方たちにもお勧めの産院を教えてもらっているところです。

でも、「いい産院」ってなんだろう・・・って思いますね。

医師の腕がいい。
看護士さんが親切。
会計の人の対応がいい。
病院がきれい。
待ち時間が少ない。
出産費用が安く済む。
入院中の料理がおいしい。
退院時にプレゼントがある。 などなど・・・

きっとこんな感じで「評判がいい」「評判が悪い」と分かれるんでしょうね。

でもこれって人によって感じ方がいろいろなのかな。
初産婦さんと経産婦さんとではまた、捉え方も違ってくるしね。

選ぶ人が何を一番重視したいか?

どの病院を選んでいいかわからない人もたくさんいると思うけど、このことを考えて選べば間違いがないかな、と思います。

また、産院情報を調べたらHPで紹介したいと思います。

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/03/08 11:49 】

産院選び | コメント(0) | トラックバック(0) |
個人の産院ってどうなの?~入院編~
やっぱり個人の病院は総合病院に比べていろんなサービスが充実しているなぁ・・・って思いましたね。
私の選んだ個人の病院は基本的に「個室」がメインでしたね。大部屋は少ししかありませんでした。そこで入院している人のほとんどは個室を希望している人がほとんど。
最初のお産のときは「個室ってお金がかかるから大部屋でいいや。」って思っていましたが、今回は面会時に上の子が来るとほかの人に迷惑をかけるといやだな・・・っていうのがあったので最初から個室希望でした。
個室のメリットって言うとやっぱり「ほかの人に気を使わずにすむ」っていうことでしょうね。大勢でお見舞いに来てくれたこともありましたがにぎやかになっても気にしなくてもいいし。それにトイレやシャワー室も付いていたので好きなときに行ける所もよかったです。テレビだって気を使うことなく見ていましたし・・・

逆に個室のデメリットは何だろう・・・
自分から授乳のときなどにほかの人に話しかけなければ、友達ができないってことかな?大部屋だと多少はほかの人と話す機会もありますが個室だとなかなか・・・
あと、私はお見舞いにもってきてくれたおやつをついつい食べ過ぎていました。部屋に冷蔵庫も置いてあったので入院中はおやつがいっぱい入っていましたからね。大部屋だと「また、食べてる」って思われそうで自分なりにセーブできましたけど(笑)
大部屋だと人の声が常に聞こえているのでわりと退屈しませんが、個室は誰も面会に来ないときなんかはちょっと退屈に感じていましたね。

ここでの食事ですが・・・
総合病院のときとは違ってかなりおいしかったです!ちょっとボリュームありすぎてぜんぜん痩せませんでしたけどね。
3時のティータイムもあって、おやつも出るんですよ!
入院最後の夜ご飯は「祝い膳」が出て、食事に関してはかなり大満足でした!!

スタッフも気さくな人ばかりでアットホームな感じでとってもよかったですね。
家に帰ると我が家の「怪獣」もいるし、こんなに快適な生活が出来るので「もう少し入院していたいな・・・」なんて思うくらいでした!

病院によってこんなにも違うんだぁってあらためて思いますね。
もし、また赤ちゃんが出来たとしても絶対ここで産みたい!っておもう病院でした。
やっぱり実際に入院した人の声を聞いてから決めないと損ですよ!!ゼッタイ!!


よかったら本館にも遊びに来てね。
「出産なんてこわくない!?」

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/02/23 14:19 】

産院選び | コメント(0) | トラックバック(0) |
個人の産院ってどうなの?~産後編~
さて、かなりの超安産で出産した私ですが産後は少し大変でした。
お産が終わるとだいたい2時間ほど分娩台で休むんですが、私の場合出血が多目だったので4時間近く休んでいました。でも私自身はわりと元気で、その日の夜ご飯も相変わらずぺろりと平らげていましたね(笑)

でもちょっと大変だったのはここから。
夜の8時ごろ、急に熱っぽくなってきました。夜中に熱を測ってみると38.5度に・・・前回のお産の後も熱が出たんですが、出産後に発熱する人ってけっこういるみたいです。
そのうち、生理痛のような腰とおなかの痛みが一晩中続いてあんまり眠れませんでした。

この生理痛のような痛みは「後陣痛」というものです。初産婦さんよりも経産婦さんのほうがよくなるみたいですね。出産後の子宮が元に戻ろうとするときに痛むらしいんです。
お産がかなりラクだったので、こっちの「後陣痛」の痛みのほうがつらく感じるほどでした。
この痛みは2,3日続きましたね。ホント、辛かったです。



本館のほうにも遊びに来てね♪
「出産なんてこわくない!?」

テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/02/22 15:44 】

産院選び | コメント(0) | トラックバック(0) |
個人の産院ってどうなの?~出産編~
今日は私が2人目を出産したときのことを書いてみます。
2人目の出産は昨年の11月なのでまだかなり鮮明に覚えています。
まだついこの前・・・っていう感覚です。

最初のお産のときの初まりは「破水」だったのでわかりやすかったんですが、今回は出産する日の2日前に「おしるし」がありました。「おしるし」があってもすぐに陣痛がくるわけではないみたいなんですよね。だから「いつ陣痛がくるんだろう・・・」って思いましたし、「果たして病院に行くタイミングってわかるものなのか・・・」という不安もありました。特に経産婦さんはお産の進行が早いので「間に合わなかったらどうしよう・・・」ってずっと不安でしたね。
そうそう、生まれる3日前ぐらいに今までよく動いていたおなかの中の赤ちゃんの動きが急に静かになってきましたね。これももうじきお産がはじまるよ、という合図になりますよ。
そうは言ってもやっぱり「いつ病院に行っていいのか」よくわからずいましたね。
かなり赤ちゃんが下に降りてきているっていうのは自分でもわかりました。
でも朝起きて、「今日はとりあえず病院で診てもらったほうがいいかも」って思ったんですよね。なんか腰がすごく重かったんです。

病院に電話して朝一番に診察してもらうことになりました。
そしたらすでに子宮口が5センチも開いているって言われた時はかなり驚きましたね。すぐにNST(ノンストレステスト)の装置を20分ぐらいおなかにつけていました。「ドクドクドク・・・」という赤ちゃんの心音もかなり元気であることが自分でもわかりましたね。
結局そのまますぐに入院になりました。

経産婦ですでに5センチも子宮口が開いているのですぐに浣腸をすることに。はじめのお産では浣腸はしなかったのでちょっと抵抗がありましたが、やってみるとそうでもなかったですね(笑)

いつ陣痛がきてもいいように分娩台で休むことになりました。分娩台に座って昼食もとりましたよ!でもこの方が私も安心でしたけどね。
昼食をとっているときに少し陣痛はきていましたがそれほどでもなく、ちゃんとしっかりご飯も食べれたし、歩いてトイレもいけましたね。

それから2時間ほどはこんな状態でしたが、最初のお産と同様、急に我慢できない痛みがやってきました。
「また、この状態を我慢しなくてはいけないんだ・・・」
そう思っていると、看護士さんが
「かなり辛そうだから内診してみて。」とほかの看護士さんに言っていました。
案の定、もう子宮口が全開。いそいでまわりのスタッフの人が分娩の準備をしてくれていました。
あっという間に準備が整ったらしく、「次の波が来たらいきんでいいですよ~」といわれ、4回いきんで無事に出産!!

自分でもあまりの速さでビックリです。なんだか前回のお産がとても辛かったので覚悟していましたが、なんだか拍子抜けした感じです。
経産婦のお産ってこんなにも違うんだ・・・と実感しましたね。

お産の時間がお昼時でスタッフも揃っていましたし、今回はかなり頻繁に看護士さんが様子を見に来てくれたので、気持ちの上でもとっても安心でしたね。これが夜間のお産だったらまた違ってくるのかも知れませんが・・・やっぱり個人の産院は夜間になるとぐっとスタッフの人数が減ってしまいますからね。

かなりのスピード出産でしたのであんまり参考にならないかも知れませんが、2人目のお産はこんな感じでした!


良かったら本館の方にも遊びに来てね。
「出産なんてこわくない!?」





テーマ:マタニティライフ - ジャンル:育児

【 2006/02/20 18:24 】

産院選び | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。